UWARIYU

ウキウキワクワクする理由がココにある(UWARIYU)

衝撃的な妻の「UFO」体験[後編]

      2016/04/26

この記事は約 4 分で読めます。

SponsordLink



純愛ブログランキングに参加しています♪

愛ある清き一票(1クリック)をお願いいたします。^^

 

実は、この「UFO」体験は、妻の世界だけでは終わらなかった。

僕も現場の目撃者となったのだ。

まだ小説には書き切れていない告白をするが、妻と僕は、僕が高校3年になってから同棲を始めていた。

同棲時代は、当然だが、毎日のように●●●に明け暮れてた。

ところが、ある満月の夜だけは、●●●どころではなくなっていた。

普通、満月の夜は、女性は淫●になるなんてことを言うが、別のことで僕らは熱くなることになった。

 

その日は満月で、月明かりだけで過ごせるような感じだった。

僕らは窓を空け、夜空に映し出された満月の観賞を楽しんでいた。

と、その時だった。

満月の隣で、揺ら揺らと揺れ動くものを僕は見つけた。

M@X:「おい、葉子(仮名)、、ちょっと月の隣見てみてんよ」

 

妻:「あ、UFOだ」

 

驚くことなく、妻は口にした。

久しぶりに見たといった口調だった。

M@X:「やっぱり!オレ、初めてやけん、ちょっと外出て見て来るわ!」

 

妻:「止めときって!」

妻の反対を押し切り、懐中電灯片手に、僕は外へ飛び出した。

僕らが同棲している部屋から、近所の広場まで1分と掛からない。

僕は広場に出て行き、「UFO」の存在を確認した。

揺れている。

明らかにゆらゆらと揺れている「UFO」を、僕はこの目でハッキリと見た。

もちろん、初めての出来事だ。

僕は、手にしていた懐中電灯を高くあげ、電源のON/OFFを繰り返して、「UFO」に僕の存在をアピールした。

すると!突如、これに気付いたのか?UFOが僕に向かって急接近してきたのだった。

僕は慌てて、その場から逃げ去った。

ダッシュで同棲部屋に戻ってきて、その模様を妻に報告した。

妻:「だから、止めときって行ったやん!」

「相手は、貴方が見つけた時には、既に貴方の存在を知ってるんよ!!」

 

全くの意味不明な妻の見解に、「ごめん」と一言だけ返したような記憶がある。

僕は、次の日に、高校に行って、黒板一杯に、

「オレは見た!学校の裏山の上空にUFOが出現した!!」

 

と大きく書いたのだった。

誰も、僕のことを注目してくれなかったことが、今思っても恥ずかしい限りである。

でも、僕はこの記憶は一生涯消えることがない思い出となっている。

このように、妻はこの当時から何か不思議な力を備えている女性なのだった。

※ちなみに、今は少し霊感もあったりするのですが、あえてこのことはここでは深くは書きません。霊感が強くなった経緯もありますので...。

 

追伸:

ちょっと昨日と今日の記事は、かなり濃い内容となりましたね。

でも、毎度のことですが、僕は真実のみを書ける範囲で書いて行きたいと思っています。

全く恋愛とは掛け離れた記事になってしまいましたが、僕が浮気をしない理由の一つと言えば一つなんですよ。

この不思議な体験も...。

この記事を読んで下さっている方が女性でしたら、このように目に見えない力を備えることによって、彼氏や旦那様の浮気は防止できるかもしれませんよ。^^;;;;;

UFO2

 

今日も最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。

それではまた。

 

皆さんの1クリックに感謝します。m(__)m



純愛 ブログランキングへ




2019年最新版!
通販おせち人気NO.1はココ!
↓↓↓↓



SponsordLink

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 衝撃的な妻の「UFO」体験