UWARIYU

ウキウキワクワクする理由がココにある(UWARIYU)

香港エクスプレス航空UO870便で香港空港チェックインは何時が安全?

      2017/10/19

Pocket

この記事は約 9 分で読めます。

SponsordLink

hongkong_express

香港エクスプレス航空の香港発成田行きのUO870便(現地時間 午前10:50発)に余裕を持って乗るには、何時までに香港国際空港に到着していればよいのでしょうか?

香港エクスプレス航空はLCC(ローコストキャリア)のため、チェックイン時刻が明確に設定されているため、昔からの大手航空会社を利用するよりも、時間に余裕を持って行動した方が安心して確実に搭乗できます。

UO870便の場合、最低でも香港の現地時間の午前8:50までには、香港エクスプレス航空のチェックインカウンターのある香港空港の第二ターミナルに到着しておいた方がいいと思います!!

今回の記事では、時間設定の厳しいLCCである香港エクスプレス航空に確実に搭乗して、成田空港までの空の旅を楽しめるように、実際にUO870便に乗った経験を記事にしたいと思います。
※失敗談もちゃんと記載しますから、参考になると思います

初めて香港エクスプレス航空を利用する方は必見です*^^*

 

 

香港で香港エクスプレス航空にチェックインするなら絶対に2時間前が安全!その理由とは?

3

公式ホームページによると、香港発の香港エクスプレス航空に乗る際の空港でのチェックインは、飛行機の出発時刻の3時間前から1時間前の120分間受け付けています。

また、チェックインは香港市内と空港を結ぶ機場快線(Airport Express)の香港駅と九龍駅でも手続きが可能です。
※機場快線とは、成田空港で言うところの京成スカイライナーとほぼ同じと思ってもらえるとわかりやすいと思います

しかし、実際に香港空港に足を運んでUO870便に搭乗して、成田空港に戻ってきた際の感想としましては、、、香港空港第二ターミナルのチェックインカウンターから、香港エクスプレス航空に搭乗するまでには、空港の端から端まで移動しないといけない場合があり、出発時刻の1時間前ギリギリにチェックインするのでは出国手続きと搭乗ゲート前までの移動等をひっくるめると『民族大移動レベル』で厳しいと感じました。(遠い目)

ここで、実際に第二ターミナルの香港エクスプレス航空のチェックインカウンターでもらった、搭乗ゲートまでの道案内の紙を見てみましょう。

hongkong

上記画像の中央やや左上部分に、中国語で『電車』とボールペンで書かれている文字が気になりませんか?

そうなんです、実は香港国際空港で香港エクスプレス航空に乗ろうとすると、搭乗ゲートまでの移動には電車に乗る必要があるのです。

チェックインカウンターのイケメンな地上スタッフの男性が、広東語のわからない私に一生懸命筆談で教えてくれたのですが・・・そのおかげで彼の言っている意味は確かに理解できましたが、これにはビックリしました^^;;;

思わず、

 

「でんしゃぁ!?」

 

と日本語で聞き返してしまいましたが、発音が似ているためか、「YES」と例の彼に即答されたのは今ではいい思い出です。

もちろん、時間に余裕のある人は徒歩でも移動可能ですが、あまりに遠いのでオススメはしません。

しかも、UO870便の場合、当たり前の話かもしれませんが香港から成田に来る飛行機ですから出国審査というものがあります。

実は香港から出国する際には、香港に入国した際に記入した「IMMIGRATION DEPARTMENT HONG KONG(香港入境事務所)」の「DEPARTURE CARD(旅客離港申報表)」を再度出国審査の担当官に見せないといけません。

hongkong_2

ところが、私はこの出国審査の際に上記左のその用紙をすぐ出せずに、「もう一度書いてください、あそこで」と出国審査待ちの長蛇の列をようやく抜けたと思ってたどり着いた出国審査担当のお姉さんに、機械的に日本語で言われました^^;;;

それで、カードを記入し直しまして、もう一度長蛇の列に並んで・・・orz

出国審査で30分くらいタイムロスしました((+_+))とほほ

 

 

香港空港で確実に香港エクスプレスに乗るには、まだ関門があった・・・(白目)

先程の、香港エクスプレス航空のカウンターでもらった空港内地図をもう一度見てみましょう。

hongkong

出国審査を終えた時点で、上記の地図でどこにいるのかといえば・・・「ココが第二ターミナル」と書いたところです。汗

そして、私が乗った時には、香港エクスプレス航空UO870便に乗るゲートは、写真左の赤い丸のところの229番ゲートでした。

つまり・・・出国審査を終えたからと言っても、この時の私はまだお土産をゆっくり買う余裕はないと悟りました。

でも、先に安心してもらいたいのは、229番ゲートのところに行ってもちゃんとお土産屋さんがありましたから大丈夫ですよ~!

とにかく今は移動優先ですっっ

実は、ここから香港空港内の電車に乗ります。

はい、ガチで電車です^^;;;

さすが中国と思ったのは、電車が来るとかなりの人数乗りますから、時間帯によっては東京メトロの満員電車状態になります。

そのため安全策としては、

SponsordLink

  • 混んでいる場合には無理に乗車しないで次の電車を待つこと
    ※時間に余裕のある場合
  • 電車に乗ったら、入り口付近に立ち止まらずに電車の奥の方にサッと進むこと

この2点だと思いました。

そして、第二ターミナルの出国審査を終えたら乗車した電車は、「1-36番ゲート駅」(そういう正式名称ではありませんが便宜上そう呼びます)が終点ですので降ります。

そして、到着したホームの反対側には、「201-230番ゲート駅」行きの電車が来ますのでそれに乗り換えます。

ここは乗り換えを間違うことはないと思いますので、初めて香港空港から出国する方でもわかりやすいと思います。

本当はこの乗り換えの時に写真撮影をしようと思ったのですが、大移動中で写真を撮る余裕がなかったです^^;;;

「201-230番ゲート駅」なんて呼び方をしてみると、ハリーポッターで有名な「9と4分の3番線ホーム」のような感覚があってファンタジーを味わえていいかもしれませんね♪笑

「201-230番ゲート駅」に行くには、途中「40-80番ゲート駅」という駅で停車しますので、間違って降りないようにしましょう。

終点が「201-230番ゲート駅」ですから、香港エクスプレス航空の出国審査が終わってから、あなたの乗る香港エクスプレス航空が200番台の出発ゲートの場合には電車は終点まで乗るのを2回と覚えておいてもいいかもしれません。

 

 

ようやくたどり着いた「201-230番ゲート駅」で面食らった出来事とは

hongkong_3

香港エクスプレス航空に乗るために、プレ幼稚園ならぬ「プレ旅路」を楽しんできたように思います*^^*笑

上記写真が、「201-230番ゲート駅」に到着して出発ゲートの階に上がったところのものです。

ほらね♪ちゃんとお土産屋さんがあるので、安心ですよね~☆彡

お店は、ここに写っている以外の場所にもありましたから、様々な種類のお土産のショッピングを出国直前でも楽しめると思いますよ♪

つまり、香港空港の第二ターミナルから香港エクスプレス航空に乗るには、

  • 時間の余裕をとにかく多めに持つこと
    ※搭乗2~3時間前までに第二ターミナルに到着していると安心かもです
  • お土産は、「201-230番ゲート駅」でも買えるので先に移動した方がいい

というのがオススメです。

ところが・・・ここからが余談なのですが・・・(≧◇≦)

実は、この写真を撮影直後に229番ゲートにまず先に行こうと、左側を見たのです。

すると・・・本物(と思われる)銃を持った迷彩服の香港空港の警備員のような男性二名が、「201-230番ゲート駅」のホームに向かっていくのとすれ違いました((+_+))

まさか、そんな人を写真撮影する勇気はありません!怖

その男性二名とも手に収まるサイズの銃ではなくて、機関銃レベルのごっつい黒光りしているアレを持っていたので、最強にびっくりしました。

日本とは違うんだな・・・(遠い目)と思ったものです。

きっと、香港空港内の安全を毎日一生懸命守ってくれているんだなとすぐに思い直したのですが、日本社会に慣れていると急に銃社会に遭遇するとびっくりするので、「何があっても強気!」の心構えをしていた方がいいかもしれませんよね^^;;;

また、香港エクスプレス航空は229番ゲートからはバスで飛行機まで移動でした。

そのため、U-Firstと呼ばれる優先搭乗の権利(優先チェックイン・優先搭乗、香港空港の場合)の優先搭乗の権利は持っていてもあまり意味がないように思いました。

でも、優先チェックインの方は確かに、チェックインカウンターが長蛇の列の時には大変有効で、あまり並ばずにチェックイン担当の人がいるところまでたどり着けますから、保険をかけるという意味では必要かもしれません。

 

余談:香港でもあなたのスマホでネットができる便利なSIMについて

SIMフリーの電話を日本国内で使っている場合には、香港空港内で、8日以内の滞在で約120香港ドル(約2,000円)で5ギガ分データ通信ができるSIMを買えるので、それを使ってモバイルチェックインをするのもありだと思います。

ただし、SIMフリー機ではない場合には使えない恐れがありますから、その場合には携帯キャリアの海外モードを契約しておくか、海外用のWi-Fiを持参していく方が安心かもしれませんね♪

ちなみにモバイルチェックインをしても、一度香港エクスプレス航空のチェックインカウンターに行って搭乗券をゲットする必要がありますが、モバイルチェックイン済みの列はそんなに人が並んでいなかったので、U-Firstの待遇に近かったと思います。

 

 

まとめ

  • 香港国際空港で香港エクスプレス航空に乗るには、第二ターミナルのチェックインカウンターでチェックイン後、空港内の電車に二回乗る必要があることもある
    ※出発ゲートが200番台の場合
  • 飛行機の出発時刻の2時間前には、香港空港の第二ターミナルに到着していると安心
  • とにかく出発ゲートまで距離があるので、移動を先にした方がいい
    ※お土産は「201-230番ゲート駅」でもゆっくり見ることができる

 

 

あとがき♪

hongkong_4

香港エクスプレス航空は、フライトアテンダントの皆様とにかく美男美女で素敵でしたよ~♪

俳優さん・女優さんレベルの方々が、これだけ揃っている航空会社も珍しいのではないでしょうか*^^*

機内は、三列シートが左右にあって中央が通路でした。

お手洗いの位置が、機体の前方と後方の二か所でしたので、着陸後の移動がそれほど急ぎでなければ座席指定を後方にした方が便利かもしれないとも実感しました♪♪

総じて香港は楽しかったので、また香港エクスプレス航空を利用して香港に行ってこようと思います*^^*

香港には、香港エクスプレス航空UO625便で来まして、その時の笑える搭乗日記もぜひご参照くださいね♪笑

 

 

海外旅行をもっと楽しみたいあなたへ
『冒険家になる』という生き方を覗いてみる

 

 

 




2019年最新版!
通販おせち人気NO.1はココ!
↓↓↓↓



SponsordLink

 - 香港エクスプレス航空(LCC)