UWARIYU

ウキウキワクワクする理由がココにある(UWARIYU)

秋のネイルはシンプルなデザインで決まり!オシャレ番長からの金言

      2017/10/14

この記事は約 8 分で読めます。

SponsordLink

aki_eyecatch 秋冬のネイルは、ワインカラーやアースカラーでシンプルなデザインが人気!

理由は、“ハンドスキンケア” の習慣が浸透したことで、爪や指先だけのファッションよりも手全体の美しさがトータルでアートとして評価される時代になったからです。

さあ、オシャレ番長のアドバイス、あなたもぜひ試してみてくださいね♪

 

秋のネイルはどうしてシンプルなデザインがオススメなの?その理由は

aki_leaf
秋と言えば、オシャレさんにとって気になるのはファッションですよね。

その中でもネイルは今やファッションの大切な一部分ですよね?

指の先端という最も動きの目立つ部位を彩るネイルは、今からチェックしておくのがベストですょ♪

なぜ、秋に備えてネイルのことを今から考えておく必要があるのかと言いますと、それには大きな理由があります!

 

「え?どうして秋になる前から、秋のネイルに備えなければいけないの?」

 

あなたはそう思うかもしれませんし、多くの方も同じように思うことでしょう。

アラフォー女子でコスメフリークな元・美容部員のオシャレ番長Kさんが、このような疑問に優しく答えてくれましたので、お読みください。
※Kさんは私の学生時代の先輩で、とっても清楚な美人さんなのです。

Kさん:

「もしかしたらすでに気づいているかもしれないけれど、facebookやインスタグラムなどのソーシャル上で“ネイルを新しいデザインにしました!”と報告している女性を見かけたことがあるでしょう?」

aki_nail_4aki_nail_3
オシャレ番長って言うくらいだから、もっとスパルタな美容トークだと思っていたのに、すごく優しいKさん。そして彼女が言うように、ソーシャル上で確かに新しいネイルをドアップにしている写真をよく見かけます。

Kさん:

「でもね、そんな素敵な新しいネイルたちの写真でも、実は半分以上は“残念”なのよ。
秋のネイルはシンプルなデザインでも充分に勝負できるはずなのにね」


 

これはすごく気になる!と思って、もっと詳しくKさんのお話を聞いてみることにしました。

 

「木(ネイルだけ)を見て森(手全体のトータルな美しさ)を見ず」は、女子としてもったいない

Kさん曰く、最新のトレンドのネイルのデザインを追いかけることはもちろんすごく楽しいことだそうです。

でも、それはあくまでしっかりとネイルの管理ができてこその楽しさであり美しさなのですとのこと。

ネイルの種類は従来のポリッシュネイルや最近セルフでも簡単にできるようになったジェルネイルなど、様々にあるのですが、秋ネイルのシンプルなデザインを演出するには、個人個人の好みで構わないそうです。

ネイルをする時には、爪を一定に伸ばした状態で行うので、指と爪の間が清潔であること、爪の裏側(ネイルを塗っていない部分)もキレイ感が見た感じでわかることの方が、ネイルの美しさを際立たせるためには重要なのだそうです。

aki_nail_2
「でもね、Kさん、シンプルなネイルだといつもとあまり変わり映えしないじゃないですか?
秋のネイルは、夏とは違う雰囲気の派手なデザインを楽しみたいと思う女性も多いかもしれませんよ?」

思わず私はそう質問してしまいました。するとKさんはそっと控えめに、笑顔で話してくれました。

 

Kさん:

「そうよね、あなたの考えはとてもわかるわよ。
私も若い頃はそう思っていたの。
でも、私ももうアラフォーと言える年齢になったけど、この年になってみると気づくことがあるの。
ネイルのデザインも大事だけど、それと同じくらい大事なのが手の皮膚のコンディションなの。
ほら、このソーシャル上のネイルの写真・・・皮膚がガサガサごわごわしていたら、ネイルの美しさも半減してしまうでしょう?
このような写真なら、すごく美しくバランスが整っているいい例よね」


aki_nail_1
ああっ、本当だ!と私も自分のソーシャルメディアを確認しながらそう思いました。

Kさんの話を要約すると、秋のネイルはシンプルなデザインなのがオススメなのは、以下の通りです。
  1. ネイルをする時間を、デザインを凝って長時間にするよりも、その時間が省けた分を手のスキンケアの時間に充てた方がいい
  2. 夏の日差しは、手にも影響を与えているから、秋に向けてアラサー・アラフォー以上の世代は美白ケアをして手の美しさを保つケアをしてあげることが大切
  3. そして、手のお肌の状態が若々しくみずみずしい状態に戻れば、秋のネイルはむしろシンプルなデザインの方が、手全体のトータルな美しさで見栄えがいい
このようなお話でした。今まで意識したことがなかった、手のトータルな美しさはKさんの話をよく聞いてみると確かに納得できるものでした。

 

 

秋のシンプルなネイルは、どんな色やデザインがいいの?

Kさんのお話から取材させていただき、秋に映えるシンプルな大人ネイルは、具体的にはどのような色やデザインがオススメなのかをご紹介していきたいと思います。

ネイルの色を選ぶ前に、まずは自分の手の状態をよく見てみましょう。

夏の日焼け後の色と、冬の時期の日に焼けていない自分の元々の皮膚とどれくらい色の違いがあるのか、内腿(うちもも)やお腹の皮膚の色と比べてみてください。

また、ささくれや二枚爪などになりやすい場合には、内臓が夏の暑さで疲れていたり栄養不足だったりするので、十分な睡眠をとって、ビールなどを好む方も少し休肝日にして栄養バランスの良い食事にするのがベターです。

そして、手のスキンケアですが、普段家事で洗剤を使うことが多い方は、なるべく手に優しい洗剤を選び、可能であれば手袋を使用して家事を行うこともオススメです。

ハンドスキンケアは、お顔に使うものと同じものを、少しもったいないと思うかもしれませんが、一週間または二週間と期間を決めて、その間だけでも “秋ネイルを美しくするための集中ケア期間” としてお化粧水や乳液をしっかりつけて保湿してみるといいと思います。

そして、手の皮膚の状態が整ってきたら、ネイルのカラーを選びます。

夏の日焼けが落ち着いてきて、皮膚本来の美しさが戻ってきたら、カラーも様々なものが楽しめるようになります。

基本的に、シンプルなデザインの時にはパールやラメが入ってキラキラする配色を選ぶのが華やかになるからオススメですし、ポリッシュネイル(除光液で落とすもの)の場合、日常生活で爪の先端のネイルが少しはがれることはよくあることなのですが、パールやラメが入っているネイルだと、少しはがれても、キラキラ感からちょっとの時間は、はがれていることを隠せる利点があります。
※もちろん、あまりはがれてくると残念感が出てしまうので気をつけてください

秋のネイルカラーは、夏とは違って深い味わいの色も楽しめますから、例えばべっ甲ネイルならボルドーなど赤系のものを選ぶ時にも、濃いトーンのものを楽しんでみるといいでしょう。

基本的に、自分の皮膚の色より少し濃くなるカラーを選ぶと、色の対比で、ネイルのデザインがシンプルでも皮膚がキレイに美しく見えるようになります。

また、ピンク系の秋ネイルは、トップスがニット生地でブラックやグレーなどの暗い配色の時に、差し色で手に柔らかい雰囲気を演出することができるので、手全体のトータルなファッションでネイルのカラーを選ぶといいでしょう。

ネイリストおすすめのチェック柄は、季節を選らばないので一年中楽しむことができます。

シースルーやクラッシュシェルもトーンを濃くし、ゴールドをポイント使いすることで、秋のネイルとして存分に楽しむことができます。

次回サロンへ出向く際に、リクエストしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、オレンジ系のネイルは、日焼けした皮膚に塗るとくすんで見えるので、悩む時には一度、ネイリストにご相談ください。
※スキンケアをしっかりすればもちろんOKです

ネイルのデザインは、1色使いでそのまま塗るのでもベースの手の皮膚の状態が上がっていれば、美しさは、ネイルのデザインを凝るよりも抜群に際立つようになります。

もし、何かデザインを楽しみたい時には、長持ちするフレンチネイルがオススメです。

フレンチネイルなら、ベースの色をクリアにして、爪の各所にキラキラを程よく入れてあげて、爪の先だけ濃いオレンジ系の配色をポイント使いすることで上品なオレンジ系を楽しむことも可能だと思います。

爪の先をホワイトで強調し、ゴールドをポイント使いすることで、色の深さではないゴージャス感が、秋の装いにぴったりだと言えます。

以上、いかがでしたか?

オシャレ番長Kさんの優しいアドバイス、ぜひ試して秋のネイルを楽しんでくださいね♪

 

まとめ

  • 秋のネイルはシンプルなデザインにして、手のスキンケアに意識を向けた方がトータルでネイルが映える手全体の美しさを手に入れることができる
  • 手の皮膚の状態が美しければ、ネイルのデザインは1色使いまたはフレンチネイルで十分楽しめる
  • 一色使いの時は、自分の皮膚よりもワントーン濃いカラーのネイルがオススメ(皮膚がキレイに見えて、ネイルの色も映える)
aki_josei




2019年最新版!
通販おせち人気NO.1はココ!
↓↓↓↓



SponsordLink

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 自分磨き , , , ,