UWARIYU

ウキウキワクワクする理由がココにある(UWARIYU)

御礼

   

この記事は約 7 分で読めます。

SponsordLink


↑良い記事をお届けいたします。クリックにご協力願います。m(__)m
御礼



皆様、沢山のお祝いメッセージありがとうございます。



浮りゆのM@X(まっくす)こと、渡部雅弘です。



10月17日に、45歳になりました。



この歳、普通に考えると、結構複雑です。



ソコソコの企業に勤めていたら、ソコソコのポジションに就いていてもオカしくない年齢ですし、起業していたら、従業員を10名以上抱えて舵取りをしていても絵になる歳だと思います。



でも、僕は34歳の頃に、個人の道を極めて行くことを決めて、今に至っています。



それまでの僕は、バリバリのサラリーマンをやっていまして、大手IT企業で高い評価と報酬をいただいており、周囲から見ると出世街道真っしぐらな有望な人材に映っていたかもしれません。



しかし、僕はその "座り心地の良い椅子" を捨てて、ヘッドハンティングされた某外資系企業に転職しました。



ここで、白い巨塔合戦(幹部社員のポジション取り)に敗れて挫折。



鬱病とパニック症候群を併発して、自殺を試みるまでに至ってしまったわけです。



この時に始めた活動が、



『社会貢献ビジネス』



です。



僕にはもう、手段がなかった。



"これしかない!"



この想いをブチ込むには、相応しいものだった。



人を蹴落とす仕組みの中で生きるという選択肢は、僕の中にはありませんでした。







ネットビジネスを始めた理由は、



"個人なので、もう一つの収入の軸を作りたかった"



これが、正直な理由です。



2012年10月17日に



「アイブレイン株式会社」



を設立し、ジュンちゃんという相方と2人でネットビジネスをスタートさせました。



・オークション代行

・輸入転売

・アフィリエイト

・せどり









2人で色んなことにチャレンジしましたが、どうも手応えを感じない。



2人共、IT業界出身であり、僕は元々投資にも興味があったので、すぐにFXをマスターして、共同でFX自動売買のプログラムを開発・検証し、そこそこの好成績を出していました。



でも、なんだか、本来本当にやりたいことではないってことは、2人共ウスウス感じていたんです...。



周囲のネットの知り合いは、投資系ビジネスでガンガン稼ぎまくっていて、その気になれば、ソッチの道を極めることも出来たと思います。



でも、僕達は、何かが違う気がしていました。



お金は稼ぎたいけど、そればかりを求めることに、心が強く抵抗していたように思います。



この間、FX自動売買のプログラムは、ずっと利益を出し続けていて、本当に安定してきたにも関わらず、なぜかしっくり来ませんでした。



そして、初めてブログを書いてみることにしたのです。



ブログの名前は、



16歳から約30年間ずっと1人の女性だけを愛し続ける男の

『浮気をしない本当の理由(浮りゆ)』



でした。



ネット仲間全員に、びっくり仰天されました。



そりゃそうですよね...。



投資系でも、ギンギンのネットビジネス系でもない恋愛サイトのような、そうじゃないような訳がわかんないサイトを立ち上げちゃったわけです。



昨年の7月ですから、約1年3ヶ月ほど前のお話しです。



とてもお金を稼げるようなサイトには見えない訳で、このオトコ(僕自身のこと)は、何を血迷ったか、今の嫁さんと出逢った高校2年から高校を卒業してから駆け落ちするまでの1年半年の軌跡をブログで書き始めたわけです。



夜な夜なひたすら当時のことを思い出しながら、ブログを書く毎日が続きました。



実はこの時、僕はネットビジネス塾に入塾していまして、与沢塾第1期の卒塾生である『白坂慎太郎』さんからネットビジネスを学んでいました。



その時の塾の目標が、アメブロ1000PV/読者数1000名だったわけですが、1000PVはブログを開始して27日で達成、読者1000名は55日で達成しました。



この結果が良いのかどうなのかなんてことは当時の僕にはわからず、塾期間中もなぜかお金を稼ぐことはせずに、ひたすらブログを書き続けるということだけに集中していました。



その間、メルマガを刊行し、瞬く間に500名の読者が集まったわけですが、ここでも当時流行っていたアフィリエイトをやることに違和感を感じていたことを思い出します。

※何件かはやってみましたよ。でも、なんかシックリこなかったんですね。スグに止めました。オプトインはつまんねぇ~って。。^^;;



この3ヶ月間の塾は、あっという間に終わり、気が付いたら10月が過ぎて、ちょうど一年前の今頃だったように思います。



「オレは一体何のためにブログを書いているんだろう...」



そんな思いが頭に過ぎっていましたが、ただひたすらブログを書く毎日だったわけです。



僕の恋愛小説も結構佳境に迫っており、全国純愛ブログ・ランキングは、不動の1位を続けていまして、最終回近くになると、電子出版のオファーもいただくようになったり、一緒にセミナーをやりませんか?といったオファーもいただけるようになってきたりと、ネット上でのコミュニケーションも盛んになってきていました。



外もすっかり冷え込む季節になって、12月を迎えようとしていた頃でした。



そんなときに、福岡在住の後藤あゆみさんと直接お逢い出来る機会をいただきましてね...。



このお方は、白坂さんの塾の先輩であり、また与沢塾 第2期生の卒塾生だったのです。



また、IBSの塾講師にも任命されており、僕の中では完全にヒロインと化しているお方でした。



で、後藤さんに相談したのですね...。



「この先どうすればいいですかね?」って。



彼女の答えは明確でして、



「与沢塾 第3期が始まるから、渡部さんはそっちに行くべきです。」



だったわけです。



僕は、その時は全く与沢塾に入塾する気なんてサラサラなくって、色々と迷いながらも、ただひたすら『浮りゆ』のブログを書き続けていました。



そして、与沢塾 第3期の募集が始まったのです。



てっきり後藤さんから何かご案内いただけるものと思っていたのですが、彼女はネットでなぜかそのことを言ってこないわけです。

※与沢塾のオプトインがあることすらも、僕は知らなくって...。つまり、彼女の紹介で僕が与沢塾に入塾することで彼女にはご紹介料が入る仕組みになっていることを「オプトイン」と言うのですが、後藤さんは僕に一切営業を掛けてこなかったというわけですね。



結局、僕は自分で直接与沢塾の入塾リンクを知り、入塾したわけです。

※実は最終的に僕が与沢塾に入塾することを最後の最後で後押ししてくださったのは、原始人の黒澤敦吏さんなのですが、黒澤さんも僕にオプトインをやっていません。なのに、凄く親身に僕の相談に乗っていただけたお一人です。この二人様には本当に頭が上がりません!(>_<;;



そんなこんなで、結局僕は、自分の本当の目的が見えないまま、2014年1月に与沢塾 第3期に入塾したわけです。



しかも、入塾直後に、福岡のチームを統率するチームリーダーに与沢翼さんから直々に任命されるという、、何か運命のようなものに導かれて行かれるような感覚を持ち、与沢塾をスタートさせました。



今、この記事を読まれている方が、どんな想いで僕の記事に目を通してくださっているのは知る由もないわけですが、僕の転機は与沢塾となったことは間違いありません。



塾の内容は、本当に素晴らしくネットビジネスのテクニックだけではなく、考え方やモノの見方、捉え方というところまで、与沢翼塾長が毎日熱心に講義を開催してくれました。



もう僕は水を得た魚のように、塾にのめり込んで行き、『浮りゆ』は更にグレードアップさせることが出来ました。



ただ、ここでもネットビジネスで稼ぐということに抵抗があり、周囲の方々がバシバシ、オプトインをしているのを横目で見ているという、なんとも天邪鬼(あまのじゃく)な自分がいました。



なんていうんですかね。



「オレはブロガーだ!ライティングで勝負してやる!!」



という変なプライドがあったんですよ。



その時、何を書いていたのかというと、



"アラフォーの逆襲"



というオッサン達のダイエット企画なわけです。



"ノンフィクション恋愛小説" は、既に書き終わっていましたので、それに続く連載企画としてスタートさせたのでした。



まあ、これは正直、期待したほどのヒット作にはなりませんでした(笑)



この企画を3ヶ月で終えて、与沢塾は塾期間が4ヶ月でしたので、残り1ヶ月となったわけですね。



ここで、4月に入った時に、次期作品の構想案はほぼ固まっていました。



それが、『浮りゆ』を一躍ブレイクさせたヒット作品となった、



"釈迦から助けられた男(実話)"



です。



スタートは、2014年4月8日のお釈迦様の生誕日。



この実話は、ちょうど10年前の2004年4月8日に起きた、超不思議な出来事に行き着かせるまでのストーリーであり、ノンフィクションの2作品目となったのでした。



この記事は、書いている自分自身も、10年前の出来事ということで、かなり事細かく記憶していることもあって、途中で当時の自分を思い出して体調が悪くなり寝込んでしまうこともあった程の力作となりました。



そして、これを執筆している最中に、ふと、、



「あれ?これ、これ、、繋がる!」



って思ったんですね。



それが、



『社会貢献ビジネス』



つまり、10年前から福岡のリアルな場でコツコツと続けていたビジネスだったわけです。



自分だけが稼ぐのではなく、自分の仲間を稼がせてあげることにフォーカスしたビジネス。



しかも、その稼いだお金を飢餓で苦しむ子供達に寄付をするプログラムが組み込まれたビジネスモデル。



僕は鬱病から復活した直後に、この社会貢献ビジネスをスタートさせています。



無謀にも稼いだお金は全額寄付に回していました。



鬱になって職を失い、なんとか雇ってくれた会社での給料は鬱病前の給料の約半分。



それでも、僕は一度自殺しかけた人間であり、お釈迦様に辛うじて救っていただいた身なわけです。



飢餓で苦しむ子供達に全額を寄付したいという気持ちは、僕と同じ体験をするとわかると思います。



流石に、妻からいい加減に目を覚まして!家庭のことを考えて!!と言われて、ふと自分の家庭が火達磨(ひだるま)になっていることを知り、バランスを保ちながら一部を寄付に回して10年が経っていたビジネスでした。



僕はこの社会貢献ビジネスを、ネットと絡めることは出来ないと思っていました。



それが、「釈迦~」を書き始めて、最終回近くを迎えたときに、ふと「これは繋がるぞ!」と閃(ひらめ)いたわけです!!



即効で、音声レターを作成し、最終話の中に、組み込むことにしました。





そして、今現在に至っています。





今、現在、この社会貢献ビジネスに新しく参画してくださった方は50名近くになっており、今現在、お問合せいただき、お待ちいただいるお方が50名を超えている状況です...。



本当に感謝としか、言いようがありません。



45歳を迎えた僕は、50歳のバースデーまでには毎月1000万円を飢餓で苦しく子供達に寄付をするということを仲間へコミットメントしています。





ここまでの記事をお読みいただいて、このビジネスモデルにご興味をお持ちの方は、ご連絡ください。



まずは、以下のメルマガへ登録しておいてください。



http://aibr.fstml.info/entry/?mail_id=1



但し、今現在、メルマガは完全にストップさせています。



この理由は、多くの仲間が覚醒されており、この仲間への教育に情熱を注いでいるためです。



しかし、必ず復活させて、新たな仲間達と人生の駒を進めて行きたいと考えています。







僕は、ネットビジネスを否定はしません。



アフィリエイトも否定はしません。



転売も、せどりも、ヤフオクも、投資系ビジネスも、すべて肯定します。



しかし、それらは一部の方しか稼ぐことのできないものだということは、言っておきたいと思います。



これは、与沢塾第3期 チーム福岡の代表として申し上げておきます。



そして、今ネットビジネスで稼ぎ、それを教育という形で誰でも稼げるようなキャッチフレーズで塾など開講されている方へ進言させていただきます。





「あなた達は、人としてそれで納得・満足できる人生を送れるのですか?」





じゃあ、僕は誰でも稼げる仕組みを提供しているのか?というとそんなことはありません。



以下のような方は、僕のビジネススキームでは100%稼ぐことは不可能です。



・自分だけが稼げればいいと思っている人

(表向きはそんなことないと言っても、心の中がそう思っている方もムリです。僕のメルマガへの登録はご遠慮願います)

・仲間を思いやる気持ちがない人

・他人の成功を妬(ねた)む人

・面倒臭いことがやれない人

・一攫千金を夢見ている人



僕のビジネススキームで稼げる可能性の高い人は、次のようなお方です。



・自分よりも相手の成功を望める人

・相手のことを思いやれる気持ちのある人

・地味なことをコツコツ努力することができる人



要するに誠実なお方です。

不誠実な方は、ここまでの記事を読んでくださってはいないと思いますが。



与沢塾へ入塾していてわかったのですが、多くの方はお金をドブの中へ捨てています。



それは、与沢塾が悪かったのかというと、そんなことはありません。



では、与沢塾が良かったのかというと、そうでもありません。



要するに、与沢塾で成功できる方は、



・自分で這い上がれる人



のみです。



僕の社会貢献ビジネスも同じなのでは?と思われるお方もいらっしゃるかもしれません。



それは違います。



社会貢献ビジネスは、



・仲間があなたを引き上げてくれる仕組みになっている



という点です。

※これは、定性的に言っているわけではなく、仕組み(システム)がそうなっていると言っています。



更に、



・努力をされる方には、『浮りゆ』からの恩恵が得られる仕組みにもなっている

※ここは正直、ネット業界初の仕組みとなっておりますのでお話しを聞かれる方には、「秘密保持契約書」にサインしていただいております。



という点がモノポリー(独自)なのです。



以上、長々と書いてしまいましたが、今、『浮りゆ』公式サイト、ならびにFacebookの更新が出来ない理由は上記となっております。



通常モードに戻すのは、もう少し先となってしまいますことを、ご了承願います。



今後とも『浮気をしない本当の理由(浮りゆ)』を、どうぞよろしくお願いいたします。






SponsordLink


[写真1]







僕の記事は、全て実体験に基づいて書いています。



以下も、普通に生活していても得ることが難しい情報をご提供させていただいております。



《愛と経済の自由を手に入れるメルマガ》



http://aibr.fstml.info/entry/?mail_id=1

※Facebookやブログでは決して話さない極秘ネタ満載(ほぼ毎日配信)



《M@Xオススメ商材》



■アメプレス

http://bit.ly/1xRIEFv

※浮りゆサイトはこのツールで運営しています。



《M@Xオリジナル作品》



↓↓↓僕が浮気をしない理由は、この2つの小説を読んでいただければ、必ずご納得いただけます↓↓↓



■釈迦から助けられた男(実話)

http://bit.ly/1lWHSPc

※劇的な運気向上をお約束します。



■恋愛小説(ノンフィクション)

http://bit.ly/1mCoXgY

※究極の純愛がここにあります。



《公式サイト》

■浮気をしない本当の理由(浮りゆ)

~16歳から約30年間たった一人の女性だけを愛し続ける男のブログ~

https://uwairyu.com/
最後までお読みいただき、ありがとうございました。(*^_^*)

↓1クリックのご協力などをお願いできませんでしょうか?m(__)m




2019年最新版!
通販おせち人気NO.1はココ!
↓↓↓↓



SponsordLink

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 筆者のつぶやき