UWARIYU

ウキウキワクワクする理由がココにある(UWARIYU)

【第50話】逆襲当日

      2016/11/08

Pocket

この記事は約 5 分で読めます。

SponsordLink

純愛ブログランキングに参加しています♪
愛ある清き一票(1クリック)をお願いいたします。^^

 

(これまでのあらすじ)

16歳で初体験を終えた矢吹。
初体験の相手の衝撃的な事実を知った矢吹は、付き合い始めてわずか1週間で彼女との結婚を決断した。
1年半後に訪れる高校卒業と同時に、荒れ果てた生まれ故郷を捨て、花の都“東京”へ彼女と駆け落ちをする計画を立てた。
この短期間で100万円を稼ごうと、矢吹の選んだ道は『パチンコ』。
極秘テクニックの実践で、いきなり月に50万以上を荒稼ぎすることに成功。
その後、失敗と挫折を繰り返すことになるが、なんとか安定的に収益を上げることができるようになった。
よし、これで駆け落ちはなんとかなる!
そう思った矢吹は、残りの高校生活で、彼女との同棲をスタートさせる。
このまま幸せな高校生活をエンジョイして、一気に彼女と駆け落ちできると思った矢吹だった。
しかし、ある土曜の深夜に掛かってきた1本の電話から事体は急変するのだった。
深夜に他のクラスのヤンキー3人組に呼び出され、ボッコボコにやられてしまったのだ。
しかし、この主犯格のツネのある一言が、矢吹を逆上させる。

「殺(ヤ)られる前に殺(ヤ)ったる!」

タンスの奥にしまっていたドスを取り出し、砥石で磨き始めた矢吹。

いよいよ逆襲の日がやって来た!

~~~~~~~

 

遂に土曜日の夜がやってきた。

僕は、電話線を "離れの部屋" まで引き込み、深夜、ツネ達からの電話を待っていた。

彼女は、隣でスヤスヤ寝ていた。

彼女には、

「高校の友達から
 "付き合っている彼女のことで相談がある"
 とのことで、夜遅くに電話が掛かることになってる。
 オレは起きてなきゃいけないから、葉子は先に寝てて。」

とベタな嘘を付いた。

夜1時過ぎに、やはり電話が掛かってきた。

「トゥルッ・・」

(ガチャ)

1コール鳴らないうちに、僕は電話を取った...。

電話の相手:「おい、すぐ来い..」

矢吹:「わかった..」

(ガチャ)

電話の相手は、ツネではなかった。

多分、舎弟かなんかだろう。

随分と賑わっている様子が、電話越しの先のガヤ付きからわかった。

僕は、ベットの下に隠していた、ドスとサラシ、それから小さなジャックナイフを取り出した。

サラシは、万が一、僕が手にしたドスが取られた時に逆に刺された時の傷を和らげるために用意したのだ。

また、ジャックナイフは、まずはこれをツネの首元に突き付け、周囲の連中を退散させるために容易したものだ。

SponsordLink

いきなり、ドスを取り出すのは騒ぎになると思い、さりげなく首元にサッと突きつけることができるナイフを調達していた。
※ちなみに、このジャックナイフは、当時万引きしたもので、今も記念に持っている(何の記念やねん!^^;;)。

僕は、丁寧に畳まれたサラシ(これ、どこから調達したんだろう?思い出せません...)を腹に巻いた。
これは、事前に練習していなかったため、上手く巻くことができなかったのだが、それでもなんとか何重かを腹に巻くことができた。
※多分、その道の方が見られると笑われるに違いない。腹巻のようになっていたので..^^;;

そして、腹に巻いたサラシと腹の間に、ドスを差し込んだ。

ここで、特攻服など着込めば完璧なのだろうが、あいにく僕は特攻服は持ち合わせていなかったために、当時流行っていたボンタン加工のズボン(要するに学ランのボンタンのような私服パンツですわ)を履いて、ポケットにジャックナイフを忍ばせた。

戦闘準備OK。

彼女の方を見ると、変わらぬ姿勢でスヤスヤと小さな寝息を立てて眠っていた。

僕は心の中で、

「お前はオレが守ったる!」

と呟き、窓から見える月を眺めた。

僕は目を閉じ、生まれて初めて手を合わせて神に祈りを捧げた...。

「葉子を無事に守り抜くために、神さま、僕をお守りください...」

 

そして、僕は、"離れの部屋" のノブにゆっくりと右に回した。

(カチャッ..)

そっと "離れの部屋" の扉を開けて、彼女に気付かれないように忍び足で外に出た。

外は冷え切っていたが、僕はあまり寒さを感じなかった。

実は、原チャリは、夕方のうちに広場の方に移動させていたので、そこまで小走りに取りに行った。

広場は、僕の家から100m程度しか離れてなくて、
(UFOを目撃した例の広場です)

すぐに辿り着くはずだったのだが、、、、、

広場の手前にある5階立て鉄筋コンクリートの建物(マンションではない)を通り抜けようとした時に、いきなり背後からある男に声を掛けられた。

「おい」

時間は既に、深夜1時半を過ぎていた。

(つづく)

kansha

 

追伸:
これは、相当ビビましたよ!
だって、そりゃそうでしょう。
覚悟を決めていましたからね、私。
もう丑三つ(うしみつ)なわけですから、ツネの生霊でも現れたのかと思いましたよ。マジで!
次回、真相が明らかになります。
まだまだ、白熱したストーリーは続きますから...。^^;;

 

今日も最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。
それではまた。

 

皆さんの1クリックに感謝します。m(__)m


純愛 ブログランキングへ




2019年最新版!
通販おせち人気NO.1はココ!
↓↓↓↓



SponsordLink

 - 恋愛小説(ノンフィクション)