UWARIYU

ウキウキワクワクする理由がココにある(UWARIYU)

【御礼】「純愛ブログランキング・第1位」奪還!

   

Pocket

この記事は約 5 分で読めます。

SponsordLink


純愛ブログランキングに参加しています♪
愛ある清き一票(1クリック)をお願いいたします。^^

 

ご報告します。
本日、純愛ブログランキング第1位を奪還しました!
ファンの皆様のお陰です。
心より御礼申し上げます!!

 

思えば、9月9日に、いきなりアメブロのアカウントが削除されてしまいました。

まさかの出来事に、頭の中は真っ白になりました。

それまで、毎日欠かさずに書いていたブログでしたが、一気にヤル気が落ちました。

この時、僕はある3ヶ月コースの塾に入塾しており、ラスト1ヶ月を切っていたことで猛攻を仕掛けようとしていた矢先の出来事でした。

同じ塾生の皆様からは、同情の言葉と励ましのエールをいただきました。

僕はネット上という利点を活かして、
明るく気丈に振舞い、

「大丈夫、大丈夫!これも貴重な経験。イエイ!」

なんて言って、カラ元気を見せていましたが、
内心はズタボロで、とてもブログを再開させる気力は起きませんでした。
※塾長から、「そろそろ書いていいんじゃないですか?」なんて言われましたが、
実はとてもそんな気分にはなれませんでした。

 

幸いなことは、僕のビジネス・パートナーがバックアップを取ってくれていたことに救われました。
※多分、これ(バックアップ)が無かったら、僕の再起は厳しかったと思います。

気力を失くした僕を見て、パートナーが新しいアカウントを作ってくれました。

「社長、ファンが待っていますよ」

この一言で、もう一度ブログを書こうと思い、少しずつまた書き始めました。

 

でも、失ったものは大きすぎました。

以前のようにPVが伸びませんし、コメントもいただけません。

原因は、自分の中にあることは分かってても、認めることができません...。

 

そんな中、実は僕主催のブログ塾がスタートしました。

落ち込んでいる背中を、塾生に見せるわけにはいかない。

「塾の教材準備をしているから、今は自分のブログに力入れていないんです。」

とかなんとか、言い訳ばかりを並べて、まだ、ブログの執筆に本気になれない自分がいました。

 

そんな中、ブログを書いたこともない塾生の方々が、一所懸命に僕の過去のブログを参考にして、記事を書き始めてくれました。

SponsordLink

昔、純愛ブログランキングにて全国1位となった
"僕の過去の栄光ブログ" を参考に書いてくれていました。

しかし、この時、僕のブログはランキング10位内にも入っていませんでした。

まるで、

"昔、オレはプロボクサーだったんだじぇじぇじぇ~"

と言っているパンチドランカーのように思えて、こんな嘘偽りの自分が嫌になっていました。

 

そんな中で、ある塾生の1つの記事が僕の目に止まりました。

そこには、自らの過去を曝け出し、
金を失い、極貧生活を余儀なくされ、
最後は両親が離婚するという壮絶なストーリーが書かれていました。

母親一人が息子達三人を引き取るのですが、
極貧生活の中にも温かい愛を感じる内容でした。

スマホの画面は、涙で滲んで見え難くなっていました。

 

ここで、もう一度、1位を狙おうと僕は決心しました!

更に、その彼のブログがなんと!
家族愛テーマ部門で、全国1位になったんです!!

塾生でもあり、ライバルにもなりました。

塾長である今、何が何でも1位を取らなくてはならないという「使命感」に燃えました。

1位を取り戻すまでは、
絶対にこの気持ちを黙っておこうと
自分の中で誓いを立てました。

そして、今回晴れて「第1位」を奪還できました。

まるでロッキーみたいですが、
僕は頭悪いんで、こんなことじゃないとヤル気が起きないんですよね~。^^;;;;;;

本当に皆様には感謝しております。

今後とも『浮りゆ』をどうぞよろしくお願いいたします。

 

最後に。。

パートナー・純ちゃん、

浮りゆ塾(URJ)塾生の皆さん、

そして、白坂塾長、

そして、そして、白坂塾(SAJ)の皆さん、

そして、そして、そして、、、、

このメッセージを最後まで読んでくださった多くの皆様!!

本当にありがとうございました!!!!!!!!

皆様の幸せを心より祈っております!!!!!!!

 

今日も最後までお読みくださいまして、ありがとうございました。
それではまた。

 

皆さんの1クリックに感謝します。m(__)m


純愛 ブログランキングへ




2019年最新版!
通販おせち人気NO.1はココ!
↓↓↓↓



SponsordLink

 - 筆者のつぶやき