UWARIYU

ウキウキワクワクする理由がココにある(UWARIYU)

「ぐうのねもでない」の意味は?語源を知ると驚くべき謎が明らかに!

      2017/10/14

この記事は約 5 分で読めます。

SponsordLink

guu
「ぐうのね(音)もでない」の意味を知っていますか?

日本語は言葉の数が非常に多いのでなんとなく使っているものも多いと思います。

「ぐうのねもでない」は「一言も反論や弁解ができない」という意味ですが、実は語源には・・・

 

「ぐうのねもでない」の意味と語源を検証します! 

「ぐうのね(音)もでない」の意味は、「一言も反論や弁解ができない」「徹底的にやり込められて、一言も反論できない」です。

「ぐう」の語源は、「呼吸がつまった時に発する声」とされています。

それがもう少し大きく解釈されると、「苦しい時に出す声」という意味も含まれています。

日本語には、擬態語(ぎたいご)などと言われる音をあらわす言葉が数多くあります。

「ぐう」は呼吸に関する人間の状態をあらわしているので、「擬声語」の分類になるのですが、人の心理をあらわす「擬情語」とも言えるでしょう。

 

 「ぐうのねもでない」が使われている文学作品はあるの?

日本語の使用されている地域でもある日本列島は、記録に残る限り代々同じ国家元首というのは、世界的に見ても大変珍しいのです。

つまり日本語は長きに渡って使用されてきた言語で、今から1000年程前の文献に出てくる単語の中には、現代でも同じように使われていたりしますから驚きです。

「ぐうのねもでない」に関しても、1000年前とまではいかずとも100年以上前の文学作品からも拾うことができて、歴史がある表現であることがわかりました。

「ぐうのね(音)もでない」が使われた有名な文学作品

 

尾崎紅葉『多情多恨』(1896年)

「びしびし(※注釈)言捲られて、ぐうの音も出なかった」

※注釈:「びしびし」は「牛」が「品」のように3つ重なる漢字が2個連なっている)

 

夏目漱石『三四郎』(1908年)

「三四郎はぐうの音も出なかった」

なんと今から100年以上前の1800年代後半から使われていることが、文学作品からもうかがえる言葉なのです。

明治時代の日本人も、現代社会のストレスとはまた違った「ぐうのねがでない」ことを体験していたのでしょうね^^;;;

guu_cat

(猫も逃げるほどの「ぐうのね」感・・・なんとなく夏目漱石さんの有名な別作品と掛けてみました・・・)

SponsordLink

 

とっさの英語でも表現してみるとどうなるの?

豆知識として、日本語の独特の言い回しの表現を英語で言うならどうなるのか調べてみると、英文がかなり長くなる傾向があります。

「ぐうのねもでない」に関していえば、

Not knowing what to say by way of excuse

直訳:弁明の方法を何て言っていいかわからない

(Weblio英和・和英辞典より抜粋)

このように、日本語から英語にして、それをまた日本語にしようとすると直訳では「ぐうのねもでない」にはなりづらい訳し方になるときもあります。

※インターネットで上記の英文を検索窓に入れて、日本語に訳そうとすると、慣用表現として「ぐうのねもでない」と出るには出ます。

guu_girl
ですが、覚えやすいようにもっと短い英単語がありました♪

それは、

Lost of words

直訳:言葉を失う

(Weblio英和・和英辞典より抜粋)

これなら、とっさに英語で言いたい時には比較的覚えやすくて使いやすいと思います。

英語には「ぐう」に相当する直訳できる一単語がなくて、しいて言うなら、

The sound of being choked

直訳:息が詰まる音

となり、先程の「Not knowing what to say by way of excuse」の中には入らないのが、日本語と英語の違いという点で面白いと言えるでしょう。

guu_couple
 

まとめ

  • 「ぐうのね(音)もでない」の意味は、「一言も反論や弁解ができない」「徹底的にやり込められて、一言も反論できない」
  • 19世紀後半の明治時代の文学作品の中でも使われている日本語表現
  • 英語で言ってみると「Not knowing what to say by way of excuse」になる
 

あとがき

ぐうのねも出ない・・・

聞いてわかる言葉だけど、あまり使うことはないかな、という感じの方が多いと思います。

こうして語源を探ってみると「へ〜」とトリビア的な知識として面白いのではないでしょうか^ - ^

もう一つですね、「ぐう」にまつわる話に徳川家康という、また古〜い歴史に関する説もあります。

どういうことかというと、それは日光東照宮の「宮(ぐう)」だということ。

徳川家康といえば、どんな歴史嫌いな人でも知っている人物ですよね。

世界的に見ても、その時代において、家康に肩を並べるものはいない、と考える人は多いでしょう。

つまり、それくらい偉大すぎるので「ぐうのねもでない」のですね。

もしかしら、お腹がすいて「ぐう〜」となる、という「ぐう」もある?と筆者はとっさに思いつきましたが、どうでしょう???

あなたの「ぐう」にはどのようなものがありますか?
[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 生活全般