UWARIYU

ウキウキワクワクする理由がココにある(UWARIYU)

M@X(まっくす)です。

      2014/04/26

この記事は約 4 分で読めます。

SponsordLink


↑良い記事をお届けいたします。クリックにご協力願います。m(__)m
M@X(まっくす)です。



「釈迦~」続編は、今暫くお待ちくださいね。



オモシロい記事に仕上がっていますので♪

※公開はもうちょっと掛かります。^^;;



今回は、私の『プロフィール』を書き直しましたので、皆さんへお披露目させていただきます。



ちなみに、このプロフィールも、何かに突き動かされるような感覚があって、あっと言う間に書いたものです。



ここ最近、"目に見えない何か" に突き動かされている感じがずっと続いています。



では、以下、私の最新プロフィールとなります。



皆さんにも強く関連している内容ですので、シッカリとジックリとお読みになっていただけますと嬉しく思います。



■ミッション・ステートメント(使命宣言)

『 "釈迦の教え" と "弘法大師(空海)の力" により、私と出逢った方々を人生の成功へと導きます。』



■3つの信念

・For You : 自分の成功よりも相手の成功を第一に考える

・森羅万象 : この世の全てに感謝する

・世界平和 : "愛" を人生の最大のテーマとする



■自己紹介

私は「2004年4月8日」に、お釈迦様に助けられた男です。

この時に、この世の常識では表現することの出来ない摩訶不思議な体験をしています。

いわゆる、『悟りの境地(=宇宙)』に至っています。

よって、私の輪廻転生はこの現世で終わりを遂げ、その後は大宇宙へ還(かえ)ります。



また、この異次元な超越体験の後、私自身の中に弘法大師(空海)様が修行されていることがわかりました。

私の前世は、元・弘法大師様の下で修業をしていた女性僧侶です。

また、私の愛する妻の前世は、同じく大師様の下で修業をしていた男性僧侶です。

この二人に僧侶は、同じ時間と同じ空間で共に修行をしていた身であります。

『浮気をしない本当の理由』は、私達夫婦が前世で大師様の下で修業をしていた僧侶同士であったからなのです。



このことは、透視能力を持つある2人の女性によってわかったことです。



このことが事実であるか否かは、何の力もない私には正直わかりません。

ただ、お釈迦様から助けられたことは、私自身が "かなりリアルに生々しく体験したこと" ですので、絶対に嘘ではありません。



そして、この体験で学んだ "いくつかのある事実"、すなわち 『釈迦の教え』 をここで告白していきます。



この事実を知り、このことを教訓として人生を送ることで、人間は最高級の幸せを感じながら人生を全うできると私は断言します。



以下は、ここまでお読みいただいた貴方様へ私からの "愛" のメッセージです。



どうぞお受け取りください。



お釈迦様がご生誕されたのは、紀元前7世紀~紀元前5世紀頃と言われています。



2500年の時空を経て、"お釈迦様の教え"、すなわち "真理" を、私がこの世で告白することになるとは思ってもみませんでした。



なぜならば、私には何の力も備わっていないからです。



私は "無" なのです。



一つだけ貴方様が関係する事実をお伝えします。



私と出逢った貴方様には、とてつもなく大きな可能性が秘められています。



私は、潜在的に隠れてしまっている貴方様の能力を最大限に引き出すお手伝いができる



"唯一無二"



の存在です。



つまり、



「私には力がないが、あなたには力がある」



と言っているのです。



そして、



「あなたの力を、"私が"、というよりも、"私の体験した事実に基づき" 引き出すことができる。」



ということをお伝えしたいのです。



このことに氣づくまでに、私は、あの体験から実に10年の歳月を要してしまいました。



今思えば、このことは最初から決まっていたことなのだと確信しています。



貴方様を成功へと導くことこそが、私自身の『使命』であり、『宿命』なのです。



最後まで、私のメッセージに目を通してくださいまして、ありがとうございました。



貴方様の幸せを心から祈っています。



■浮気をしない本当の理由(浮りゆ)

~16歳から約30年間たった一人の女性だけを愛し続ける男のブログ~

http://uwariyu.com/



最後までお読みいただき、ありがとうございました。(*^_^*)

↓1クリックのご協力などをお願いできませんでしょうか?m(__)m


[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 筆者のつぶやき