UWARIYU

ウキウキワクワクする理由がココにある(UWARIYU)

離婚調停の際の弁護士費用の相場は?法テラスで無料相談できるの?

      2018/01/07

この記事は約 8 分で読めます。

SponsordLink


元の夫婦2人で話し合いをして離婚をする「協議離婚」が全く成り立たず、やむを得ず家庭裁判所での話し合いをする「離婚調停」を申し立てたものの、相手方が「離婚したくない」「慰謝料は支払いたくない」などの理由で弁護士をつけてきた時、女性として自分や子どもさんの生活を守りながらも、あなたの条件にほぼ近い形で離婚をするには、どうしたらいいのでしょうか。

離婚を申し出たのが元の夫側である場合は、女性側であるあなたも弁護士をつけた方が有利になることが多いです。

女性側であるあなたの方からの離婚の申し出であっても、家庭裁判所の調停員が納得できる理由があれば、キレイさっぱりと離婚できる流れを作れるはずです。

しかし、婚姻関係が成立していた時期の預金通帳など、相手側にあるなどの理由であなたが金銭的に弁護士にお願いするのが厳しいといった、不利な要素がある場合、「やっぱり一人で対応しないといけないのか」とこれまでにないストレスが溜まってしまいますよね。

 

弁護士にサポートを依頼するなんて、普通の女性であれば人生何度もすることではないので、「弁護士を頼むと費用が高額になってしまうのではないか」と不安になってしまう方が少なくありません。

しかし、離婚問題で弁護士をつけようか迷っている女性側のあなたに朗報があります。

それは、テラス」という仕組みがあり、困り事で弁護士をつけたくても経済的に厳しい方への救済策をしっかり用意してくれているということです。

あまり知られていないのですが、法テラスの立替金制度を申請して利用すれば、月額5,000円からの分割払いで弁護士にお願いすることができて、非常に心強いと思います。

そこで今回の記事では、法テラスを利用して調停離婚に向けて弁護士にサポートを依頼する際の費用や、無料相談枠のことなど詳しく解説していきたいと思います。

 

 

調停離婚で弁護士に頼むとかかる費用は?法テラス経由なら無料相談枠も活用できる!

499417
調停離婚とは、家庭裁判所に離婚を申し立てるものですが、基本的に調停員を挟んだ話し合いによる問題解決を目指すものです。

しかし、面会交流(子どもと離れる側の親が子供に会う権利)の取り決めや、婚姻費用分担の取り決めなど、とにかく準備しないといけない書類が多くて、大変です。

このような、調停離婚に関わる一切の面倒なことを弁護士に一任する場合、具体的な費用の目安はおよそ30~40万円前後です。

弁護士事務所がそれぞれに設定する価格によって、上記金額よりも高くなることもありますが、基本的には着手金と成功報酬という費用を組み合わせて依頼者に請求します。

大卒のOLの初任給に直すと、2~3か月分もの金額を、まとめて弁護士に支払うのが難しい場合にはすぐに法テラスの制度を利用することを検討するといいと思います。

法テラスに依頼すると、去年のあなたの年収が一定以下だった場合、分割で月額5,000円から支払うことが認められる場合があります。

目安としましては、扶養の範囲内でパートに出ていた方なら、法テラスの制度が利用できます。

また、法テラスは弁護士のネットワークを構築しているので、あなたの住所から見て最寄の弁護士事務所の中から、法テラスを利用OKの弁護士を直接紹介してもらえます。

1回30分程度の無料相談も、法テラスから依頼すると3回まで受けることができます。

 

離婚しようと思う原因のダントツ一位は、「夫婦間の価値観の相違」とも言われていますから、そもそも話し合いで解決するなら離婚を考えなかったと思うくらい、殊に離婚という大きな決断に関しては、女性側が望む通りに離婚に相手も応じることは少ないかもしれませんよね。

協議離婚ではうまく話が進まずに調停離婚を家庭裁判所に申し立てたものの、弁護士をつけるかどうか費用の面がネックで躊躇していた方のために、あなたがスムーズに離婚ができて養育費や財産分与、それに話が決着するまでの婚姻費用の支払いも相手方に法的な助けの下で請求できるサポートを安心して弁護士にお願いできるようになる、法テラスを利用して有利に離婚する方法をご紹介します。

 

 

法テラスとはどんなもの?無料相談利用までに準備すべき事とは??

法テラスとは、国が作った法律に関する支援団体の事を指し、難しい法律トラブルでお困りの方が気軽に司法サービスを受けられるように作られたものです。

相談者からの問い合わせ内容や、より良い問題解決へ導くために為に、無料相談サービスや弁護士費用の一時立替を行っているのです。

具体的に言うと、相談者の内容毎に役立つ制度や法律制度・相談センター等の窓口や、最寄りの法テラスだけでなく法テラス登録弁護士なども紹介してくれます。

経済的に余裕のない人の、嬉しい救済サービスとなっています。

あなたが扶養範囲のパート収入であれば、一つの問題に1回30分程度の相談を3回までは無料で受けることができます。

但し、事前の予約は必要になります。

なので、3回の無料相談を有効に活用するためには、前もって相談内容を具体的にまとめておく事が必要になってきます。

具体的に例を挙げると
  • 慰謝料を請求したい
  • 相手方が離婚に応じない期間の婚姻費用を請求したい
  • 養育費を受け取りたい
  • 親権は渡したくない
  • 面会交流の設定はこちらが主導権を握りたい
  • 保有資産分与でトラブルが生じてる など
あなたの意思や状況を漏れなく伝えることで、より的確なアドバイスを受ける事ができるのです。

あなたが、弁護士さんに調停離婚の手続きを依頼しようと決めた場合、着手金・実費・報酬が必要になりますが、法テラスならば「代理援助」の制度で費用を立替えてくれるので、分割で支払う事が認められる事がほとんどなのです。

これは、あくまでも立替えにすぎませんが、利息はつきませんので、弁護士さんに依頼する初期費用に関する負担は大幅に減らすことが可能です!

また、あなたの主張が相手方に通って、相手方からの支払いによって得られた金額の一部で費用を支払う事も可能になります。

つまり、法テラスを利用してまずは最初の無料相談を有効活用することで、女性が本当にしあわせになるための権利を勝ち取ることができると思います。

無料相談のための時間は限られていますので、前もって相談したい内容をまとめておいた方が効率的だと思います。

法テラスの制度を利用して弁護士さんに離婚調停の代理人になってもらうことで、あなたにどの様なメリットがあるのかまとめてみましたので、確認してみてください!

きっと安心できると思います*^^*

 

 

 

必見!!離婚調停の代理人として弁護士さんをつける5つのメリットとは?

離婚に際して元妻側が弁護士をつけると、元夫側の行動が客観的に「よくない」となるとあなたが求める常識的な範囲での要求は通ることが多いです。

以下に、女性側が弁護士さんをつけて、離婚調停に挑むメリットを挙げてみました。
  1. 離婚調停が全般的に有利に進む
  2. 難しく面倒な書類作成等の手間を省く事ができる
  3. 子どもがいて、年齢が低い場合は親権を獲得しやすい
  4. 慰謝料や資産分与を不満が残らない程度で獲得しやすくなる
  5. 離婚調停成立までの期間が、自力で対応するよりも短くなる
つまり、精神的苦痛や親権の問題・判断のポイントを調停員に的確に伝えてくれたり、慰謝料を含めて金銭的なトラブルにも不利になりがちな点で、法律の専門家ならではの豊富な知識を遺憾なく発揮してくれます。

しかも、調停の場では、急に調停委員の方からの質問が飛んでくる場合があるため、咄嗟の返答に困った場合は弁護士さんが的確なコメントを返して、女性側が不利にならないように強気で働きかけてくれます。

あくまで調停員さんは中立的な立場なので、予期せぬこちら側からの言葉が間違った方向に相手方に伝わらないように、法律の専門家である弁護士さんを味方につけておくのは、最善の策のひとつだと思います。

また、離婚調停の前に弁護士さんと打ち合わせをすることで、あなた自身が未来に向けてのどのような信念を持っているのか、再確認できますから、一人で悩む前にまずは法テラスに相談してみた方がいいと思います。

では、法テラスを利用しようと考えた時に、実際にどの様な行動を起こせばいいのでしょうか?

 

 

法テラスを利用するには?弁護士の人選はできる?

法テラスを利用しようと思ったら、まずは電話やメールで問い合わせをします。

 

法テラスのURL

http://www.houterasu.or.jp/

 

法テラスの電話番号

0570-078374
※平日:9:00-21:00 土曜日:9:00-17:00

 

法テラスに登録している弁護士事務所さんが近くにある場合でも、まずは事前の電話連絡またはメールを法テラスに入れた方がいいと思います。

弁護士さんや、弁護士さんが所属している事務所でも、同じ法律関連と言っても得意とする分野が細かくあるので、法テラスでまずはあなたの状況を相談することで、離婚問題を得意とする弁護士さんを紹介してくれるという大きなメリットもあります。

決してネガティブな状況ばかりは続きませんから、勇気を出して行動してみてくださいね!

この記事を読むことで、あなた自身が少しづつでもポジティブな未来を迎えることができるように、一歩を踏み出す後押しになれば嬉しいです。

大きな決断をしたあなたに「幸あれ」と願ってやみません。

 

 

まとめ

  • 離婚問題で弁護士さんにお願いしたい場合、法テラスを利用すると、月額5,000円から利息なしの分割で支払う事ができるので、初期費用を大きく抑えることができる
  • 法テラス利用で、無料法律相談が3回まで受けられる
  • 無料相談までに相談内容や現況を具体的にまとめておくとが、的確なアドバイスを受ける事に繋がる
  • 弁護士に依頼すると、法テラスを利用しても費用はかかるが、女性側のこれからの生活を考慮すると専門知識を伝授してくれるのでそれ以上のメリットがある
 

SponsordLink

[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 調停離婚