UWARIYU

ウキウキワクワクする理由がココにある(UWARIYU)

【浮りゆ】夢の方から自分に寄って来る感じです!

   

この記事は約 4 分で読めます。

SponsordLink


↑良い記事をお届けいたします。クリックにご協力願います。m(__)m
【浮りゆ】夢の方から自分に寄って来る感じです!



おはようございます、M@X(まっくす)です。



まともな記事を投稿するのは、久しぶりのように感じます。



最近、完全に現場復帰いたしました。



2年近くリアルな現場を離れて、ネット中心の生活になっていましたので、なかなか思うように体が動きませんでしが、今年の頭からチャレンジした「アラフォーの逆襲」によって元の体を取り戻すことに成功し、目覚まし時計無しでも快適に目覚めることが出来るようになりました。



こうなってくると、毎日が楽しくてたまりません。



健康の必要性を強く感じています。



しかし、現場はやっぱり面白い!



何故かと言うと、ダイレクトに生の声、ニーズが聞こえ、感じ取ることが出来るからです。



それに応えて行き、相手の笑顔や驚く顔を見れることに最高の幸せを感じます。



「やっぱり、僕は現場が好きなんだ」



あらためて、そう思います。



決してネットが嫌いになったって訳ではないんです。



むしろ、ネットのスキル、ネットリテラシーの重要性を強く感じています。



僕の中では、英語を話せることよりも、ネットスキルを上げることの方が何十倍も何百倍を価値が高いのです。



これも、理由は単純明快で、これからの市場が求めていることとマッチしすぎていることと、可能性いう伸び代をイメージすることが出来ない位に馬鹿でかいからです。



こんな業界は、他にはないですし、個人が突き抜けるために、条件が揃いすぎています。



"個の時代が訪れる"



一度は、聞かれたことがあることと思います。



僕は少し違った感じで捉えています。



"個の時代はとっくに訪れている!"



まとめます。



"ネットとリアルを上手に融合できたものが勝者になれる"



ブログの記事を書くのは当たり前。



動画をアップするのも、多少のデザインが出来るのも当たり前だと思います。



時代がそれを必要としていることが分かっていながら、そのスキルを磨かかずに、これからの時代を乗り越えて行けるほど、甘い世界ではないと思うのです。



このことを理解し、"選択と集中" の理論が分かっていて、愚直にやり続けている者のみが最高の果実を味わえるのだと思います。



このことを理解出来ているけど、行動出来ないという方は、何をすれば良いのか?



そのことを理解し、分かっていてる人を見つけ、死に物狂いで着いて行くことだと思います。



少なくとも、僕はそうして来ました。



自分の中に答えなんかないと思ったからです。



そのために、見栄やプライドを捨てて来ました。



ひと回り以上も年が離れている若い方達に、頭を下げて教わることなんて、何とも思いませんし、むしろ、感謝の気持ちでいっぱいです。



それは僕には、どうしても譲れない夢があり、その夢が夢の方から近づいて来ていることを実感しているからです。



さあ、今日もド派手にぶちかまして来ますよ!



44歳、オッさんが今日もやったりますぜ!!(*^^*)



一緒に走りましょうぜ!!






[写真1]







《愛と経済の自由を手に入れるメルマガ》



http://aibr.fstml.info/entry/?mail_id=1

※Facebookやブログでは決して話さない極秘ネタ満載(ほぼ毎日配信)





《M@Xオススメ商材》



■アメプレス

http://bit.ly/1xRIEFv

※浮りゆサイトはこのツールで運営しています。





《M@Xオリジナル作品》



↓↓↓僕が浮気をしない理由は、この2つの小説を読んでいただければ、必ずご納得いただけます↓↓↓



■釈迦から助けられた男(実話)

http://bit.ly/1lWHSPc

※劇的な運気向上をお約束します。



■恋愛小説(ノンフィクション)

http://bit.ly/1mCoXgY

※究極の純愛がここにあります。





《公式サイト》

■浮気をしない本当の理由(浮りゆ)

~16歳から約30年間たった一人の女性だけを愛し続ける男のブログ~

http://uwariyu.com/


最後までお読みいただき、ありがとうございました。(*^_^*)

↓1クリックのご協力などをお願いできませんでしょうか?m(__)m


[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

 - 筆者のつぶやき